人事の目線

コロナの影響は想像以上。人事が感じる転職活動の今。

こんにちは。

当サイトの「なかのひと」です。

皆さん、転職活動の状況はいかがでしょうか。

コロナによって転職活動されている方、多くいらっしゃると思います。

5月頃から私も多くの転職者の面談をするケースが多くなってきました。

本来、5月6月は転職活動が一旦落ち着く時期であるものの、今年は大きくことなっており、私たち人事担当者も過去にない事態に混乱しています。

賃金カットや夏の賞与削減が大量発生

特に転職活動で多く目にするになってきた方が

・賃金カット
・賞与削減
・残業代未払い

といった方のケースです。

特に多いのが従業員数100名以下の会社。

「給与支給日に明細を見たら削減されていた」などと凄まじい話も聞きます。

残業代を払わないのは完全に違法ではあるものの、会社も会社で必死なのでしょうね・・・。

思い切って離職される方も多くいます

そんな状況に嫌気がさして、離職される方も多くいます。

気持ちは十二分に理解できます。

私も話を聞いていて泣きそうになることもあります。

ただ、自己都合による退職は失業給付も待機期間が発生します。

出来れば耐えてほしいという思いです。

特に家族がいらっしゃる方は耐えてほしい・・・。と個人的に感じています。

その転職先も同様の可能性があります

そして冷静になっていただきたいことが、現職と同じような規模の会社に転職した場合、同様の事象が考えられるということ。

あまり考えたくはないですが、入社後給与提示書と異なることもあるかもしれません。

それであれば、「今の会社より規模の大きいところに転職すればよいのでは?」

おっしゃる通りです。

ただ、大きい会社も同じことであり、会社規模が多くなると当然人件費も大きくなりますから、業種によってはかなり厳しい企業も多いでしょう。

そのため、これから転職する業界はきちっと市場感を確認し、業界の未来を理解しなければなりません。

会社は今の従業員を必死に守ります。

そのため、現在出ている求人の質が高いものは多くないと思います。

未経験や異業種転職、経験の薄い方、外国籍の方の転職は大変です

またこの状況下で、

・未経験転職
・異業種転職
・経験の薄い場合の転職
・外国籍の方の転職

は相当厳しいものがあると考えて差し支えないでしょう。

特に外国籍の方からは私の会社にも「仕事ありませんか」の電話が突然届いたりします。

それだけ必死な市場感です。

仮に成功した転職としても現場レベルでは・・・

もし、仮にあなたが望む形で転職が成功したとします。

ただ、現場は冷ややかな雰囲気の方もいらっしゃる可能性は覚悟しましょう。

「何故この時期に・・・・」

会社が楽な状況であれば、良いでしょうが、そのような状況の会社は非常に少ないと感じています。

余裕がない中で、馴染むまでに時間のかかる人材が入ってくることに抵抗感を示すことに抵抗感は少なからずあるかと思います。

基本的に「求人がある=手が足りていない」という状況ですから、あなたに期待される部分は多いことは容易に想像がつきますね。

まとめ

徐々に日常は戻ってきていますが、完全には戻り切っていない状況です。

新しい生活様式でこれまでと違った需要が発生しているでしょう。

7月、8月の状況によっては耐え切れなくなる企業も多々あると私は感じています。

そんな中でもしっかりとした転職活動で、納得のいく企業を探してみてくださいね!

【人事目線で】転職活動をスタートする際に必ず登録したいサイト【教えます】こんにちは。 なかのひとです。 いつもご覧いただきありがとうございます。 本日は「転職をはじめたい」と考える方や「はじ...

本日もありがとうございました。