20代

【月間2万人登録!】アセスメントリクルーティングで未来志向の転職活動を!

こんにちは、なかのひとです。

皆さん、就職活動はいかがでしょうか。

今日はちょっと変わった転職活動の情報をお知らせします。

転職活動の未来・アセスメントリクルーティング

アセスメントリクルーティングという言葉を聞いたことがありますか。

転職サイトに登録していると、DMで企業からオファーが届きますよね。

いわゆるダイレクトリクルーティングと呼ばれる手法です。

企業目線によるオファーであり、登録者の希望に即しているかという点においてはやや精度が低い手法です。

それをできる限り、登録者の希望に近づけたもの。それがアセスメントリクルーティングと呼びます。

つまりアセスメントリクルーティングとは(精度の高い)評価精度に基づくミスマッチの少ない採用手法といいます。

アセスメントリクルーティングサービス「ミイダス」

その高精度アセスメントリクルーティングサービスを行うのが「ミイダス」というサイトになります。

ユーザーは無料でコンピテンシー登録とスキル登録をしておくだけ。

後はサービス提供側でマッチングを行ってくれます。

スキルからの想定年収まで!

正直、こんな楽でよいのかという印象ですね。

マッチングがうまくいかないときは

当たり前ですが登録情報をより細かく高く登録することで精度は高くなります。

私も登録してみましたが、結構気になる求人が来ていました。

通知が来ると思わず、求人をのぞいてしまいます。

登録母集団はあるのか

精度の高さには多くの登録者と求人企業が必要です。

2020年7月現在では・・・
個人ユーザー 44万人
月間登録者   2万人
利用法人   15万社

月間2万人が登録しているとはかなり驚きです。

それだけのビッグデータがあれば、精度は高くなるでしょう。

まとめ

求職者のデータから自身のスキルマッチングをしてくれ、想定年収までわかった状態で採用に進めるのは非常に効率的です。

それは求職者にとってだけでなく、企業側にとっても非常に効率的となります。

大手サイトに比べると登録者や企業数は少ないものの、正直、登録しておいて損はないと感じます。

未来志向の転職活動を味わってはいかがでしょうか。

本日もありがとうございました。